日本大好きじいさんの落書き帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

自立国家の建設 174

 ◆ 目次ページに戻る

「おいおい、ぼけるにゃ未だ早えだろう。」

「へ・・・・。」

「例の馬酔木の湖(あしびのうみ)の一件だよ。」

秋桜海の件が潰れた今、配慮すべき対象そのものが無くなってしまったと言って良い。

「あっ、そうか。」

現金なもので、鍾馗さまの声に再び張りが戻って来たようだ。

「物凄い工事んなるぜ。なんつったって、持って来る島だけで八百万平方キロはかてえって言うからな。」

遅かれ早かれ途方も無い工事になってしまうだろうが、その工事現場が外国船の航行実績を全く持たない内水である以上、かつての日本が八郎潟(はちろうがた)を干拓したのと同様、その中で何をしようと少なくとも外国から文句を言われる筋合いは無いのである。

「ぞくぞくしてきた。」

「俺も最初に聞いたときゃあ鳥肌が立ったくれえだ。」

移設する対象物がそれほどまでに巨大なのだ。

「奥津日子(おきつひこ)って言ったっけか。」

問題の大島(だいとう)の呼称である。

「確か竈(かまど)の神さまだんべえ。」

「そこで何をなさりたいんだろう。」

「うちの大将は、竈の神さまがお好きなのさ。」

「じゃ、本線は農地経営か。」

竈と言うものに、穀物や惣菜を煮炊きするイメージを抱く以上、それを連想してしまうのも無理はない。

「もともと相当の穀倉地帯だとは聞いちゃいるが、こっちへ持って来りゃあどうなるかわからねえだろう。」

少なくとも緯度については、もとのそれに倣うよう配慮されるとは言うものの、気候風土が激変してしまう可能性は否定出来ないのである。

「そりゃそうだ。」

「どっちにしたって大仕事になることだけは間違い無えんだから、俺はそれだけで納得だ。」

「その間は張り合いをお持ちになれるだろうしな。」

鍾馗さまは陛下の胸中を慮って又しても涙声だ。

「まあ体調の方だって、うちのかみさんがしゃかりきんなって心配するほどのこたあ無えだろう。」

「そうなのか。」

「今朝だって、味噌汁を旨そうに召し上がってらしたからな。」

「そいつぁ良かった。」

「とにかく、女どもは騒ぎ過ぎなんだよ。」

「確かに、その傾向はあるな。」

「俺なんか、お話を伺ってる限り、今度の騒動で一段と成長なさったと見てるくらいだ。」

少なくとも陛下にとっては、一年に垂んとする戦闘体制だったのである。

「ほほう・・・。」

「おめえも、あんまり心配しねえほうがいいぜ。」

「うん、分かった。」

「俺たちゃあ、男の仕事をしなくっちゃな。」

こんな言い草が耳に入れば、またしても女どもに睨まれてしまうに違いない。

「秋桜維新か。」

「最重要課題だろう。」

「そりゃそうだ。」

「うちの大将は大将で、ご自分の仕事に汗をおかきになるだけさ。」

移設後の奥津日子(おきつひこ)で、捻じり鉢巻で張り切る親友の姿が目に浮かぶ。

「じゃ、いよいよ工事の方が楽しみだ。結局広大な農地が出来上がるんだろうからな。」

「ふふん、例え都(みやこ)をお遷(うつ)しになろうが、単なる暇潰しだろうが文句はあるめえ。」

「文句なんて飛んでもねえが、どうせなら史上空前の都(みやこ)を作って見せてもらいてえ。」

岡部は目をぎらつかせてしまっている。

「田中もそんなことを言ってたな。」

「陛下にか。」

「むふっ。」

新田は含み笑いを漏らしているが、モニタに写るその表情は少なくとも否定の意は表してはいないのだ。

「それで、反応はどうだったんだ。」

「笑ってらしたよ。」

「それだけか。」

「それだけだ。」

「兄貴にも分からねえのか。」

「分からねえ。」

「ほんとかよ。」

岡部はよほど興味がありそうだ。

「いいプランでもありゃあ、(秋元)女史にでも見せて様子を見るってえのも手だぜ。」

「じゃ、奥津日子(おきつひこ)の設置位置と地勢図が欲しいところだな。」

この鍾馗さまは、とんでもない規模の首都計画を思い浮かべてしまってるに違いない。

「よし、近々手に入れてやる。」

こっちも興味が無いわけではないのである。

「頼むよ。本気で考えて見るからよ。」

「こらこら、その前にもっと大事(でえじ)なことがあるんじゃねえのか。」

「え・・・。」

「オレンジプランだよ。」

「あ・・・。」

「大幅に書き直さにゃならんだろうが。」

「書き直すったって・・・、ぱあんなっちゃったじゃねえか。」

「ばかやろう、未だネタが残ってるだろうが。」

「債権放棄か・・・・・・。」

何せ、悲観的なアナリストに至っては、「現下の経済情勢がそのままで推移すれば、当該債務国の多くはそのこと(対秋津州債務)だけで破綻を免れまい。」としているほどであり、万一そうなってしまえばその国の発行した債券自体が全て紙くずと化してしまうのだから、自然陛下の手持ち債券にしても同様の運命を辿ることになってしまう。

「これなら国井さんだって文句はねえ筈だ。」

「そうか・・・・、天目山(てんもくざん)に塩を贈るんだな。」

塩は塩でも、凄まじいまでの量なのである。

「その結果、やつらの景気回復に繋がる。」

廻りまわって世界経済に及ぼす影響にも壮大なものがあるに違いない。

「うん・・・・・。」

「そもそも、おめえが言い出しっぺだろうが。」

「それはそうなんだが、そっちの大将はほんとにオッケーなのかあ。」

この話にしても、言って見れば秋津州の大将が直接大損をする話なのである。

「俺たちに任せてくれるってよ。」

「ありがてえ話だ。」

モニタの鍾馗さまが深々と頭を下げている。

「信用してもらってる証拠だろう。」

「お志を無にしちゃならねえな。」

「その通りだ。」

「ところで、五年物だけだったよな。」

「とりあえずはな。」

鍾馗さまは知るまいが、実際には残りの十年物と十五年物の扱いについても概ね一任されてしまってる上に、自分の手元には例の秋津州資金ばかりか、鍾馗さまと連名の秋桜資金まで残しており、そうである以上採り得る選択肢も一つや二つでは無いのである。

「とりあえずって・・・・。」

「いざとなりゃあ、十年物どころか十五年物だって決断しなきゃならなくなるかも知れねえだろうが。」

「げっ、じゃ全部かあ。」

「最悪はな。」

「そうか・・・・。」

鍾馗さまは言葉に詰まりながら、一瞬微妙な表情を見せた。

陛下への身びいきが強い男だけに、内心納得出来ないものがあるに違いない。

「お預かりしてる秋津州資金にしたって、未だ五兆(秋津州円)は残ってるぜ。」

各国へ配分するために用意された、言わばODA資金なのである。

「今の日本円にすりゃあ、五千兆か。」

「そんなとこだろう。」

「しかし、そこまで行くと陛下の金庫が底をついちゃうんじゃねえのか。」

「うちの大将は一文無しになったっていいんだ。」

「え・・・・・。」

目を真ん丸くして見つめて来る。

「分かったか。」

すかさず、おっかぶせるようにして言い聞かせた。

「しかし・・・・・。」

「なんだ。」

「それでいて陛下が要求するものはねえのか。」

交換条件のことを言っているのだ。

「何もねえ。」

「そうか、例によってニッポン人の矜持を示せって仰るだけか。」

「分かってるじゃねえか。」

「だけど、そうすっと鯛焼き島は海上構造物のまんまだぜ。」

詰まり、「領土」としては認められないことになる。

それどころか、世界中から撤去を求められて窮地に陥ることすら考慮して置かなければならない事態だ。

「あ・・・、そのことか。」

かつて、「ことが成った暁には、鯛焼き島もローマ人の領土として大手を振って罷り通るようになる。」と言ったのは確かにこの私なのである。

 ◆ 目次ページに戻る

スポンサーサイト
  1. 2009/06/10(水) 10:43:26|
  2. 妄想小説 主権国家|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自立国家の建設 175

 ◆ 目次ページに戻る

「うん、それじゃまずいだろ。」

「心配すんな。ありゃあ、この口が勝手に囀(さえず)ったことだ。」

「そうなのか。」

「うちの大将は、無理やり領土扱いさせようなんてこれっぽっちも思っちゃいねえよ。」

「じゃ、(鯛焼き島が)居座っちゃっても文句言われなきゃいいんだな。」

船だと言っておきながら、それは一メートルの航行も行わないと言う代物(しろもの)なのである。

「連中が(他の惑星への)移住を渋った場合でも、そこ(鯛焼き島)で暮らして行けりゃいいんだ。」

だからこそ同情論を喚起すべく努めて来たのだが、結果はどうあれ、人類にとっての彼等はつい最近まで紛れも無い交戦相手だったのだ。

「そうすっと・・・・。」

「付近の空も海もどうせ秋津州が管制するしかねえだろうし、うちの大将にしてみりゃあ、領土もへったくれも無えんだ。」

それが船であろうとなかろうと他国の領海に無い以上、「船内」は船籍国の法域と同等と看做されるべきであり、域内はローマ帝国の国内法に則って秩序維持がなされ、外部からの「乗船」の可否についても、難破船の救助の場合などを除けば船長の裁量次第だと言いたい。

「ほほう・・・・。」

「それが陸地であろうとなかろうと、要は秋津州領でなけりゃいいのさ。」

「なるほど、そう言うことか。」

流石に岡部はことの本質を一瞬で理解したようだが、これがみどりママだったら当然の疑問を口にしたろう、『どっちみち陛下のお財布で保護しなくちゃいけないんでしょ。だったらわざわざそんなややこしいことしなくたって、胆沢城(いさわじょう)をもうちょっと開放してやればそれで済むじゃないの。』と。

何しろその本丸だけで五千平方キロを超えているのであり、その一部を開放してやっただけでローマ人の居住にも立派に耐え得る筈なのだから、その方がよほど手軽なことは確かだが、何しろ彼等の実態は単なる経済的困窮者であって、「外国政府」の保護を受けて当然とされるような「国際法上の難民」ではないのである。

今も昔も世界は経済的困窮者で溢れてしまっているのであり、貧窮のあまり食物の対価さえ支払えず、日々餓死の恐怖に怯える者だけでも数億は下らないと言う現実がある以上、ひとたびそのような前例を作ってしまえば、それに倣う者が殺到しても不思議は無い上に、その入国を拒む理由にも困る事態を迎えてしまう道理だ。

翻って今次のローマ人が大富豪ばかりだったとしたら、一部の白人国家などは諸手(もろて)を挙げてその移住を歓迎する筈であり、一年も定住していればその国の国籍まで取得を許されるに違いない。

そう、一つにはこの「国籍」と言うものが問題なのであり、それが証拠に、うちの大将は国内の外国人妊婦に関しても徹底した管理体制を布いて見せており、領土内では今もって一人の捨て子事件も発生させてはいないのである。

陛下以外に生身の秋津州人など一人もいないとは言うものの、あくまで非公式の話である以上大上段に振りかぶることは許されず、国内で身元不明の捨て子が発見されようものなら、その孤児には自動的に国籍を付与せざるを得ず、その子が成長すれば当然「国家の運営」に参加する資格が生じて来る。

現実に数億もの外国人が滞在している今、甘い顔を見せればいったいどれほどの捨て子が発見されることになるものやら、考えて見ただけでも空恐ろしいほどの実態が背後に存在するのである。

何しろ、外国人の中には貧窮のあまり公園や河川敷の不法占拠に走る者まで出ており、放置すればたちまちの内にスラム化してしまうから、問答無用で国外退去を命じているほどだ。

「そう言うことだ。」

「そういやあ、前に米国籍の女が秋津州人の子を産んだって騒いだことがあったな。」

岡部はたったこれだけの話柄で連想したらしいが、在秋のアジア系米国人男性が秋津州国籍欲しさに、我が子の出生届の提出時に国籍を偽ったことが露見してしまった事案であり、出生時の国籍付与条件に属地主義を採らない秋津州においては、その新生児は秋津州の国籍など得られる筈もなく、虚偽の申し立てを行った両親共々直ちに国外退去を命じられた件なのだ。

「ああ、図々しいにもほどがあらあ。」

「今じゃ、秋津州国籍は第一級のブランドだからな。」

事実なのである。

世界を旅する場合など、秋津州人を名乗るだけでその身は一種独特の存在感を漂わせるに至っており、滞在先の国々で犯罪容疑を受けて検挙された場合でさえ、その身元が露見するまでの間だけではあるにせよ、粗略な扱いを受けることはまず無いとされているほどだ。

「秋津州のパスポートが高値を呼ぶ筈だよ。」

パスポートと言っても無論精巧な偽物(ぎぶつ)の話なのだが、既に世界中に出回っていることも事実であり、各国で検挙される事例が後を絶たない状況だが、その国の当局から問い合わせがありさえすれば、識別結果を即座に通知してやれるほど鉄壁の態勢が採られているのである。

「秋津州人を騙(かた)って回るやつがそれだけ多いってことなんだよなあ。」

無論国外での話なのだが、鍾馗さまが慨嘆するとおり、秋津州人の名でいかがわしい行為を働く事例が目立つ昨今であり、実際、その身元に関する問い合わせが頻々と舞い込む日々だ。

「まったく、いい迷惑だ。」

「(その国の当局に)片っ端から通報してやりてえところだが、そうも行かねえしなあ。」

問い合わせもない内からそんな行動に出ると言うことは、その国の隅々にまで目を光らせてることを自ら宣言してしまうに等しいのである。

「腹あ立つがどうしょうもねえ。」

未だかって成功した例は無いとは言うものの、現に船便に限ればその偽造パスポートで秋津州に上陸を図る者さえ出たのだ。

「まったくだ。」

「まあ、日本と秋津州への上陸だけは水際で完璧に防げるんだから、それでよしとするほかはあるめえ。」

つい先日も夜陰に乗じて日本の離島に上陸を図る者が出たが、そのケースでさえG四の警戒線が突破を許さなかったほどであり、今や日本入管の並外れた管理機能は世界に鳴り響いてしまっており、港湾と言わず空港と言わずその網を潜ろうと図る者など滅多に無いのである。

(筆者注:入管=法務省入国管理局。なお、その公式サイトを見れば、わざわざその冒頭において『法務省入国管理局では、「ルールを守って国際化」を合い言葉に出入国管理行政を通じて日本と世界を結び、人々の国際的な交流の円滑化を図るとともに、我が国にとって好ましくない外国人を強制的に国外に退去させることにより、健全な日本社会の発展に寄与しています。』と、高らかに謳ってる筈なのだ。)

「口惜しいが、それで行くしかねえだろ。」

「少なくとも、昔みてえに、不法外人が(日本国内を)大手を振ってのし歩くようなざまにはさせねえで済む。」

「うん、実際百万以上追い返したからな。」

無論対象は、全て日本国にとって好ましくない外国人ばかりだったことになるが、振り返れば当時の岡部は文字通り獅子奮迅の働きだったのだ。

「まあ、それはそれとして、肝心のオレンジプランの方を頑張れや。」

「しかし、こんなおいしい役どころをいただいちゃって罰が当たらねえかなあ。」

表向き秋津州と債務国の間に立って周旋する形式をとるとは言いながら、実際には債権放棄と言う好餌(こうじ)を懐に債務国に直接対峙することになる以上、債務国の面々は葵の印籠を前にして拝跪(はいき)せざるを得ないのである。

「ただただ、日本に指導的役割を果たしてもらおうってお考えなんだよ。」

「やっぱりニッポン人なんだよなあ。」

陛下がである。

「あたりめえだ。」

「ううむ、どうするべえ。」

債権を単に放棄してやるだけでは、面白くもなんとも無いのである。

「いっぺん国井さんになったつもりんなって考えてみろや。」

「ううむ、どうしたらよかんべえ。正直あたまん中が真っ白だよ。」

折角のオレンジプランが白紙に戻ってしまったばかりなのだ。

「(総理に)直接ぶつかって見るのも手だぜ。」

言いながら新田の顔は笑み崩れてしまっている。

「なんだよ。なんかあるんなら、ヒントぐれえくれたっていいじゃあねえか。」

岡部はふくれっつらだ。

「んにゃ、まずは政府としての考えだ。」

日本丸の船長さんの考えが先だと言っている。

「そうか、いっぱつ大将(総理)の胸を叩いてみるとすっか。」

「もう宮中(きゅうちゅう)なんだろう。」

「うん。」

宮中では、恒例の新年祝賀の儀が始まるのである。

「そういやあ、例のトルコの一件はどうだ。」

「いよいよ(トルコ共和国の)内閣が国家安全保障会議の裏判をとったらしいぜ。」

その国では、軍主体の国家安全保障会議が盛大な影響力を持って存在しており、実は、その辺の情報に関してもとうに入手してしまっているのである。

「うん、聞いた。ようやく国内調整がついたと言うことだな。」

無論、国策についての調整であり、その一本化に成功したと言う意味なのだが、何せその国家安全保障会議の中では相当な強硬論が渦を巻いていたのだ。

「次は、首相か大統領かどっちかが来日の流れになると思う。」

「だろうな。」

「そんとき、そっちの大将にも顔出してもらえりゃ、いっぱつで解消出来ちゃうかもしれねえ。」

解消するのはトルコの安全保障上深刻な不安材料であり、実現すれば世界の外交舞台に投じられる一石にしても小さなものではなくなる筈だ。

「そりゃそうなんだが時期にもよりけりだろう。なんつったって未だ三ヶ月しか経ってねえんだぞ。」

あの不幸から数えて未だ三ヶ月なのである。

「あ、悪かった、考えてみりゃあ贅沢は言ってらんねえからなあ。」

その後もこの件は、二人の間で盛んに揉まれることになるに違いない。

 ◆ 目次ページに戻る

  1. 2009/06/24(水) 09:02:26|
  2. 妄想小説 主権国家|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。